会社の顧問とは?専門家といい関係をつくるコツ【節約速報】

スーツを着た男性がパソコンの上に立っているイラスト

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

ブログ記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

会社顧問の専門家について

この節約速報ではフリーランスや起業したばかりの経営者に必要な専門家について、どういい関係をつるくかを紹介していきます。

ではさっそく始めていきましょう。

ここで言う専門家というのは主に士業のことです。

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 社労士

起業をする時、最初の登記手続きに困った時、お世話になる専門家です。

副業から起業してフリーランスとして活躍する人は年々増えています。

起業する時、稼ぎ方はわかっていても法律的に何を登記するかなど分からないことはたくさんありますよね。

その時、専門家のお世話になることが多いと思います。

一般的には専門家との付き合いはその期間短期で依頼をして申請のお手伝いをしてもらうことが多くありますが、税理士の場合は法人と顧問契約を結び月々顧問料を支払いマネージメントのサポートを依頼する会社も多くあります。

最初はあまりにも分からないことが多すぎて、税理士をつけることで安心して会計をお願いし、毎月の顧問契約で会社の利益やマネージメント、経営アドバイスをもらえる関係性に安心感を求めて契約する人も多いのではないでしょうか。

税理士とのいい関係について

経営者にとって安心感とも言える税理士ですが、
ズバリ!税理士に支払う報酬は決して安くはありません。

さらに現在ではクラウド会計ソフトも充実しており自分でも税理士の役割が十分できるようになってます。

実際は会社に顧問の専門家をつけるメリットの多くは自分でも調べることができることが増えているのが現状です。

自分で調べれば分かることなのですが、その時間を作ることが難しく、自分の業務と分け専門家に任せれば安心と割り切って高額な報酬を支払うことが多くあります。

事実フリーランスや経営者になればとてもやるべきことが多くあります。

毎日の業務だけで1日があっという間に終わってしまうこともあります。

そしてそれだけでは会社や組織は成長もできません。

フリーランスになり自分で経営をするには、実際に時間を買って専門家にアウトソーシングすることで、専門領域に関してのトラブルやミスでリスクを追わないように考えることも時に大切な経営判断と言えるでしょう。

さらに法人を設立したばかりや、個人事業主としてスタートしたばかりで法律的な手続きや流れを学ぶ時期であれば、知っておかなければ損をすることも多くあります。

そのため、自分にでもできる仕事との役割をみきわめ専門家に依頼することでミスを減らし、効率をあげ、そばで学習することで知識や経験を高めるために専門家を雇うのはいい判断です。

自分の得意、不得意を見極める

自分の得意な分野と不得意な分野を見極めることが重要です。

現在は会計ソフトもとても発達しており請求書や納品書、発注書などの管理も非常に簡単にクラウドの会計ソフト上で行うこともできます。

会社に顧問の信頼のおける税理士を雇うことで毎月の報酬を支払い、年度末の確定申告でさらに追加の費用を支払い年間トータルの外注費はかなり高額な金額になります。

さらにこの技術や知識は自分が学び取り組まない限り永遠に支払い続けるお金です。

逆に言えば、自分でできれば支払わなくてもいいお金ですよね。

現在ではツールを使うことでより簡易的に取り組める作業にもなりつつあり専門家の単価も安い人も増えているのが現状です。

ネット検索で自分の求めている専門家を見つけてみましょう。

自分にできることと、専門家にお願いをする役割分担をおこなうことで価格をおさえることもできます。

税理士や専門家への依頼のベストタイミングとは?

税理士や様々な専門家に依頼をするタイミングについてですが、年度末の決算時期だからといって価格が上がるわけではありません。

忙しいためスケジュール上の事情はもちろん時期によってありますが、それによって価格が高い金額になるということはありません。

また基本的にどのタイミングでも契約ができ、そして解約ができるものです。

あまり重く考えるのではなく、まずは相談をしてみて自分の求めている条件に合った専門家と出会うことが大切です。

税理士や専門家への依頼は基本どのタイミングでも同じです。

現在ではオンラインやチャットを使った相談できる専門家をおさえることをおすすめします。

なかには昔ながらのやり方で、全て紙ベースで出力して郵送で書類を送ってほしいとアナログベースで会社側に指示をする専門家もいます。

これは確実性を求めた職種ですので結構な確率でいるのが現状です。

しかしデータで打ち込んだものをわざわざ紙に出力して郵送していては無駄な時間ですよね。

こうしたアナログな専門家とは仕事しないほうがいいです。

時間がないから専門家に依頼をしているのに、さらに自分の時間を使わなくてはならない状況になったしまうケースもありますので注意しましょう。

おすすめなのは今のあなたの事業や状況を把握してくれる専門家でオンラインや遠隔ミーティングに対応できる専門家との出会いは物事をスムーズに進めることができます。

全て直接打ち合わせするわけではなくオンラインやチャットで打ち合わせができる専門家との出会いは、出張中でも移動中でもできるのでとても時間短縮になりお金も時間も節約できます。

信頼関係をきずける専門家との顧問契約を結ぶべきかは判断が難しいところがあります。

その理由は、年間を通してどのような仕事を委託するかにも変わってくるからです。大切なことは、最初の期間は学びのために依頼して慣れ自分でもできるようになることです。

その後は自立し毎月の作業は自分で行い、年度末の確定申告の申請のみを依頼するようになることをおすすめします。

業種によっては、とても法律面が厳しく難しいこともありますのでこうした業者の方は専門家が必須になりますが、 フリーランスとしてある程度小さく小規模に行う事業であればスポットで年度末だけお願いすることで十分にやれてしまいます。

月々支払う報酬を節約して、自分の知識や経験に置き換えることで努力は必要ですがとても成長につながります。

毎月の出て行くお金と入ってくるお金を自らでコントロールすることで会社の経営スキルを磨く良いきっかけにもなります。

最初のうちはサポートをお願いしたとしても、専門家との出会いにより知識を学び、自分にできる領域を増やし節約と同時に経営スキルをアップさせましょう。

専門家でも本当に様々な人がいるのでコミュニケーションの相性や自分の事業に対する理解力がある人に依頼するのがポイントです。

専門家のなかには事務的な仕事は得意でもコミュニケーションがあまり得意でない人もいます。

なんだか話しにくい方や、自分の授業への理解のうすい専門家はやめておきましょう。

お願いをしたとしてもスピード感があわなかったり依頼内容に対する食い違いが多くでる可能性が高くなるので最初からやめておきましょう。

自分と会社のとても大切な時間とお金です。

法律だけではなく経営側の立場を理解してくれる専門家と出会うことで様々なことを学習することができるでしょう。

本日の節約速報はフリーランスに必要な専門家との 顧問契約について紹介をしてきました。

この記事があなたの節約に少しでもお役に立てれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫ネーリテラシーを最速最短で向上するトレーニング方法は下記をごらんください。

ドルが積まれたイラスト 【節約速報!】マネーリテラシーを最速最短で習得するコツ