失敗は成功のもと!副業期間は失敗に意味がある!?

カレンダーの上に腰掛けてパソコンをしている男性のイラスト

副業はリスクが少ない!

木の枝で昼寝をしている男性の写真

まずはじめに副業とは、 現在、勤めている本業があるという状態です。

副業には会社を完全に辞め、経済的なリスクの少ない背景があります。

だからこそこの副業期間では、将来的の成功に向けた準備期間にするべきなのです。

将来、副業を成功させて独立、起業するかもしれません。

この副業の特性をしっかりと活かし、今の本業の合間を有効に使って将来に向けスキルアップや収益アップを目指す必要があるのです。

ズバリ結果からお伝えすると、副業というものは一番最初の目的には失敗することに意味があります!

こうした失敗は、成功のもとになります。

この経験は、独立や起業してからではリスクが大きくなるため危険です。

現在、行う副業の期間中にたくさん失敗することが重要な経験値となります。

副業では失敗を当たり前に思うぐらいのつもりで、今の自分に挑んでみてください。

自分の興味のあることや将来スキルをみにつけたいこと、また将来的に市場が伸びる分野のことなど、現在、感じている多くのことに取り組んでみるのも良いでしょう。

さらに実際に1人で副業を始めると、通常の方であればあまり経験のない、財務管理やマネージメント管理、時間や案件の進行管理など不慣れなものが多々出てきます。

こうした通常の勤めているだけの会社では経験の少ない部分を副業期間中にしっかりとスキルアップさせることで将来の収益アップにつながります。

さらに、副業期間中では、人脈を作ることがとても大きな財産となります。

この期間に出会ったクライアントやお客さんからの仕事で、独立をするケースは多くあります。

副業期間で信頼関係を築くことや、将来に向け多くの人脈と自分の得意を成長させることが最も重要なことなのです。

そのためにも、とにかく最初は、たくさん失敗を経験することが大切です。

副業期間で知るべきことは?

海の上に浮かぶ紙でできた船から望遠鏡で眺めている男性の写真

ズバリ、副業期間では、今の自分が何ができて何かできないのかを知る期間です。

現在、増え続けている副業者の中で収益アップだけを目的に活動している人と、 こうした自分を管理し、将来に向けて計画を持っている人とでは、副業する働き方にも差がでます。

みんながやっているから自分もうまくできるのでは?と思うのは危険です。

今の会社の将来がないから副業を行うのではなく。

自分の将来の目標に向かって最も重要なことを取り組む期間にするべきです。

例えば、副業という言葉からは、本業がありリスクの少ない軽い印象がありますよね。

今の給料に、お小遣いを追加するような収益アップを目的とした副業で終わらせてしまうのではなく、自分に合った仕事を見つけ出し、その案件を無事に納品するまでの自己管理をするということは、 結論、個人事業主と同じです。

副業という言葉が個人事業主に変わると重みが変わりますよね。

こうした副業期間の取り組みを、自らの将来に向けた個人事業主の機関に変えてみるのが良いかもしれません。

実際に将来は独立し起業することは多くあります。

現在、今いる会社を辞めるつもりがなくても、将来どのようになるかは誰にも分かりません。

そうした不安をこの副業期間の働き方から、たくさん挑戦して成長させることで、将来を安定させることができます。

現在、本業を持ち忙しい合間で時間やお金を管理し、自らの成長と働き方を
たくさん経験してみてください。

日本では、一つの会社に長くいることがステータスに思われがちですが、世界では真逆です。

一つの所にいることは、依存でありスキルがない人ともされています。

ヘッドハンティングが当たり前に行われる海外では、スキルアップをし続けていくことが成長の証です。

そのため多くの失敗してそれに対する経験値を積むことが求められます。

ぜひ、副業の期間を、「失敗は成功のもと」と言える時間にしてみてください。

≫これから副業をはじめる前の方はは下記をごらんください。

重なった本の上に座る女性のイラスト 副業メリット・デメリットをスタート前に確認!【サクッと3分!】