【節約速報】深い眠りで健康的に睡眠時間を減らす方法

【節約速報】 深い眠りで 健康的に 睡眠を削減

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

睡眠の質を変えたいと思っている人は多いと思います。

「仕事が忙しくて、十分な睡眠時間がとれない」

「寝つきが悪い。眠りも浅い気がする」

「寝不足で、いつも頭がぼんやりしている。最近は集中力も落ちたと感じる」

「寝ても疲れがとれない。いつも体が重い」

「休日は、平日の寝不足を取り戻すように昼過ぎまで寝てしまう」

このようなことで悩んでいる人はぜひ最後まで読んでください。

記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

眠りの質を変えることは、人生を変えること

現代社会では、睡眠について悩んでいる人がたくさんいます。

というより、「理想的な睡眠をとれていない」という意味では、現代人のほとんどが悩んでいると言ったほうがいいのかもしれません。

いきなり「今夜から睡眠時間を3時間にしましょう」といったことを言われても気持ちだけでは1年はつづきません。

「とにかく睡眠時間を短くすること」が目的でなく、かぎられた時間のなかで睡眠の質を高めるための、現実的なメソッドを提案していきたいと思います。

睡眠の質を高めることは?
  • 体調やメンタルの改善
  • 仕事のパフォーマンスアップ

人生を変えるくらいの大きな意味があるのです。

一般的な睡眠

一般的に、人が深い眠りに到達するまでには約90分かかると言われています。

おすすめの睡眠方法

その3倍の速さ、つまり30分以内に深い眠りにつくことができるようになります。

短い睡眠のメリット
  • 長くダラダラと眠るよりもむしろ体がラクになる
  • 頭の回転も良くなりパフォーマンスがアップする
  • 結果、元気で充実した生活ができるようになる

深い睡眠をいかに取れるか

浅い眠りでは、どれだけ長く眠っても疲れはとれないままです。

また、深い睡眠をとれている人でも、眠りが深くなるのに時間がかかってしまえば、全体としての睡眠時間は長くなってしまいます。

いい睡眠をとるために必要なのは、時間ではなく、「質」なのです。

30分以内に深い眠りにつく方法

血流を改善する

すぐに寝れるということは「眠れる身体」になっているかが重要。

リラックスして、いい感じに緩んだ身体になる

リラックスするためには、交感神経が優位な緊張状態ではなく、副交感神経が重要になります。
副交感神経が優位になるとリラックスして、筋肉が緩みます。

そのほかに、

猫背を治す・・・胃が圧迫されるだけでなく、肺も圧迫されて呼吸が浅くなる。肩甲骨周りが固まり血流が悪くなる。

Point 「フォジオロジー」を使いこなす

フォジオロジーとは、姿勢を正すことでメンタルが前向きになり、脳疲労の原因となるストレスにうまく対応できるようになり、毎日元気に過ごせるようになります。

寝室の環境を整える

身体の調子を整えた後は、寝る環境を整えましょう。

Point

ベットをソファー代わりにしない
ベットは寝る場所と認識させるために、別途の中でパソコンやゲームをしたりおやつを食べたりしない。

寝室の雑巾がけをする
ベットしたのホコリは呼吸を浅くして睡眠に悪影響を与えます。

すのこベットをつかってみる
布団の下に引くもので、通気性や木でできたものは湿気も適度に吸い取り、ヒノキやスギであれば香りもよく、睡眠の質を上げてくれます。

寝室の温度管理
眠りに入るとき脳と身体の温度は下がります。そこでスムーズに脳が冷めていかないと、なかなか眠りにつくことができません。

  • 夏場は25〜26度ぐらい
  • 冬場は22〜23度ぐらい
  • 湿度50〜60%

睡眠にとってベストな室温といわれています。

睡眠の習慣

深い眠りにつくためには、血流や環境の改善が重要ですが、毎日の習慣も重要になってきます。ポイントをまとめました。

  1. 休みの日も同じ時刻に起きる
  2. 起きたらすぐに太陽の光を浴びる
  3. しっかり朝食を取り体内時計をリセットする
  4. 起きたらコップいっぱいの水を飲む
  5. 15分の昼寝をする(パワーナップ)
  6. 身体を少しでも良いから動かす
  7. お酒をのんだら同量のチェイサー(水)を飲む
  8. 夕食時に糖質を摂りすぎない
  9. 入浴は布団に入る90分前に
  10. 深夜のパソコン・スマホを読書に変える

以上が良い睡眠を取るための毎日の習慣になります。

深い眠りで健康的に睡眠時間を減らしましょう!