「副業アフィリエイト・ブログの始め方」では、初心者のためのブログ運用、アフィリエイト収入、WordPress情報、SEO対策のおすすめの情報を配信しています。

画像のSEO対策|効果的な8つのポイント

結論からいうと、画像や写真には効果的なSEO対策が8つあります!

サイトやブログ記事に彩りを加える画像や写真。

画像・写真のSEO対策ってそもそもあるの?

そんなお悩みを解決してきます。

ぜひ読んでみてください!

 
マツモト
メーカーやブランドのWEBコンサルとプライベートビジネスのブログで収益8桁稼いでいます。
知っておくべき、画像とSEO対策の関係を記事にしました。

第 1 章 ユーザーフレンドリーな画像にする

第 1 章 ユーザーフレンドリーな画像にする|画像のSEO対策|効果的な8つのポイント

画像を制作する上で重要視したいポイントとしては2つあります。

  1. ユーザー目線の画像を作れているか
  2. 適切な画像として作られているか

この2点をおさえることでユーザーに評価され、次に検索エンジンに評価されやすくなり、 最終的にSEOとして効果が期待できます。

まずは、「1.ユーザー目線の画像を作れているか」を説明していきます。

本文と画像の関連性を高める

結論!文章の直後に、内容にあった画像を入れましょう。

例えば「アイスを食べている犬」という文章を書いているとすると、それにあった「アイスを食べている犬 」の画像が直後に挿入されていることをいいます。

アイスを食べている犬|画像のSEO対策|効果的な8つのポイント

ここで全く違った画像を挿入すると、 ユーザーは何の記事なのか分からず離脱してしまいます。

離脱率が上がるということは、その分だけGoogleに評価されづらいということです。

画像とテキストの関連性が重要

オリジナリティのある画像にする

結論!画像内にオリジナルの文章を入れたり、または撮った画像など、より他のサイトにはない画像を使いましょう。

オリジナリティのある画像や写真を用意する時間がない場合は、有料の素材写真を活用しましょう。

フリー素材画像ではだめなの?

フリー素材の画像や写真では、他のサイトと被る場合があります。もし、あなたのブログに訪れたユーザーが、たまたま他サイトに使われていた画像に見覚えが合った場合に、

「 なんか見たことある」
「同じ内容そうだな」
「同じでつまらなそう」

といったように、本文を読む前に画像で離脱率をあげてしまう場合があるということです。

ですので、オリジナリティ性を出すには

無料画像ではなく有料画像を使うことです。

有料画像素材は、画像掲載数が圧倒的に違うので、被ってしまう確率はぐんと減ります!

  • 無料ですごくいい画像いっぱいあるし、わざわざお金を払うまでもないと思う!

このように思っている人が大半なのです。あなたもそう思っていませんか?

ですから、有料画像素材を利用すればより高品質で、誰とも被らない画像・写真を手に入れることができますよ。

なおこのブログで使われている画像・写真は、豊富かつ多数のメディアでも利用されているShutterstock(シャッターストック)を使っていますよ!

有料画像素材についてもっと詳しく知りたい方:

関連記事

【ブログの内容】結論からですが、ブログやサイトで使う画像素材は、有料を使いましょう。他人と被りにくくクオリティが断然違うのでサイトや記事の印象がまったく変わります。自身のサイト・ブログを構築するのに、オリジナリティ[…]

携帯の上にカメラがのっているイラスト

alt属性(代替テキスト)を設定する

結論!検索エンジンは画像・写真がどのようなものなのか、人間のように読み取れないため、alt属性(代替テキスト)で教えてあげましょう。

alt属性(代替テキスト)とは、画像に記述される画像の代替となるテキスト情報のことです。

alt属性(代替テキスト)を設定すると、検索エンジン(クローラー)がalt属性(代替テキスト)をもとに、前後のタイトルと文脈からどのような記事が構成されているのか把握できるようになります。

そして、alt属性(代替テキスト)はユーザービリティ・アクセシビリティに関わる重要なタグです。以下の状況でalt属性(代替テキスト)が活かされます。

  • テキストブラウザでのブラウジング
  • 音声読み上げのブラウザ
  • サイトの読み込みに時間がかかっている時、読み込みが中断された時

いずれも画像や写真について知る手段がない状況なので、alt属性(代替テキスト)が設定されていれば文字として表示されます。

Googleはユーザービリティを最重視しており、あらゆる環境下で検索ニーズが満たされるサイトを高く評価しています。

alt属性(代替テキスト)を適切に設定することで、

画像と文字の両側面からユーザビリティが高まり、
Google に評価されやすくなります。

見やすい画像にする

結論!次の4つをやらないでください。

  • ぼやけた画像・写真
  • 解像度が荒い画像・写真
  • やけに明る過ぎな画像・写真
  • やけに暗過ぎな画像・写真
  • 分かりづらい画像

どれもユーザーにとって見づらいサイトになってしまいます。

結果として、離脱率や滞在時間が短くなってしまい、ユーザビリティの低下となり、Googleから評価されることもありません。

モバイルフレンドリーな画像をつくる

近年 Google ではユーザービリティにとどまらず、モバイルファーストも重要視しています。

そういった点でも、 モバイルフレンドリーである画像の作り方が重要になってきます。

具体的な方法としてはまず、モバイルフレンドリーテストを行い、問題がないかを確認しましょう。

モバイルフレンドリーテストはこちら

テストの結果によって、画像の問題点が指摘されることがあります。
それは画像の横幅だったりしますが、ひとつずつクリアしていきましょう。

第 2 章 画像の作り方

第 2 章 画像の作り方|画像のSEO対策|効果的な8つのポイント

次に画像を作っていく上でのポイントを紹介していきます。

ファイル名を内容に合わせて決める

結論!画像や写真の内容に合わせてファイル名を決めましょう。

先ほども言ったように、検索エンジン(クローラー)は、人間のように画像や写真の内容を読み取ることができないため、ファイル名がどういう画像・写真なのかを理解するために大切な要素です。

ファイル名を画像や写真の内容に合わせて適切に命名することで、クローラビリティやユーザビリティも高まり、結果的にGoogle からの評価もされやすくなります。

例えば「ホットドッグを食べている犬」の画像だった場合、

わかりやすいファイル名「 Dog-eating-hotdog.jpg 」

わかりにくいファイル名「 image.jpg 」

image.jpgでは、どのような内容の画像なのかわかりませんね。

どのブラウザでも使えるファイル形式にする

結論!画像や写真のファイル形式は

  • JPEG
  • GIF
  • PNG

のいずれかを使いましょう。

最も多くのブラウザでサポートされているファイル形式は「JPEG」 です。

最近では「JEPG XR」「HEIF」など 次世代のファイル形式も出てきていますが、現状としてはまだ全てのブラウザでサポートが追いついていませんから、使うべきではないでしょう。

ただし、Googleがモバイルファーストをサイトの評価対象として重視していることから、より速い読み込み速度を目指す場合は「Webp」で画像や写真を構成することも視野に入れておきましょう。

参考までに、WebPの開発元はGoogleです。

画像サイトマップを用意する

結論!専用の xml タグで画像のサイトマップを作り、サーバーに置きましょう。

理由は、Google検索セントラルにあります。

既存のサイトマップに画像を追加するか、画像専用のサイトマップを作成します。サイトマップに画像を追加することで、検出が難しい画像(JavaScript コードでアクセスされる画像など)も Google で検出されるようになります。

Google検索セントラル

また画像サイトマップを作らなくても、リンク構造がしっかりしていれば画像は認識されるので、通常のサイトマップでも問題ありません。

ありとあらゆるコンテンツについて、適切に要素を設定することでGoogleのクローラーが詳細を把握できるようになって、上位表示が狙えるのです!

サイトマップの作り方について知りたい方はこちら:

関連記事

【ブログの内容】結論!サイトマップを作成すればSEO効果がアップします!今回はそんな内容の記事です。最近、副業でブログやサイトを立ち上げる方が多くなり、サイトマップの作り方の重要性をわりと知らない方が多いと思います。[…]

ブログ記事の前でコーヒーを飲むイラスト

まとめ

画像のSEO対策、効果的な8つのポイントとして解説してきましたが、いかがでしたか?

検索エンジンに評価されるためにはユーザービリティとクローラビリティを大切にしましょう。

画像ひとつでもユーザーにとって使いやすさが変わってきますから、1つづつ丁寧に作っていきましょう。

それでは、記事をまとめます。

  • ユーザー目線の画像を作る(ユーザー・モバイルファースト)
  • 適切なalt属性(代替テキスト)の設定
  • タイトルと文脈に関連した画像を選定
  • 鮮明で分かりやすい画像・写真を選定
  • オリジナリティ性のある画像・写真
  • 画像サイトマップを作成
 
マツモト
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

SEOについて更に詳しく紹介している記事です

男性がSEOの文字を黒板に書いている写真
最新情報をチェックしよう!