【ライフハック】時間管理の方法|自分時間を大切にする4ステップ

時間管理の 方法 自分の 時間を大切

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

今回はライフハックで自分の時間を作る「メイクタイム」の方法を紹介していきます。

4つのステップで習慣化していきましょう。

4ステップで習慣化
  • ステップ1 その日に優先することを決める
  • ステップ2 集中して終わらせる
  • ステップ3 エネルギーを蓄える
  • ステップ4 1日を振り返る
ゆたか 経営12年/デザイン・WEB・映像クリエイター

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

ステップ1 その日に優先することを決める

まず、ステップ1の優先することを決めるということは、

毎日その日の優先事項が何かを決めてスケジュールを確保する。

この優先事項とは、

すぐにやる必要はないがやったほうが良いことを、まずスケジュールに入れます。

この優先事項が決めることができると、

自分にとって大事なことに時間を使えるようになり、

他人の優先事項に時間を奪われず1日を無駄にするなんてことが無くなります。

また、メンタル部分でも

自分の優先事項を大切にすることで

「前向きで積極的な気持ちになれます。」

では、優先順位をつけるための方法として、時間管理のマトリクスを使っていきましょう!

時間管理マトリクス

時間管理マトリクスの仕組み

A. 緊急でかつ重要なこと

B. 緊急ではないが重要なこと

C. 重要ではないが緊急なこと

D. 緊急でも重要でもないこと

このように分けることができます。

「A:緊急+重要」

もちろん「A」は優先度が高いのですが、焦りやストレスを感じることがあります。

なのでこれが1日ずっと続くとヘトヘトになっちゃいます。

また視点を変えると「A:緊急+重要」は「B:緊急でない+重要」を先送りにしてきた結果とも考えられます。

「B:緊急でない+重要」

自分にとってもっとも価値を生むことがあてはまります。

例えば、

緊急でない+重要なこと
  • 将来、英語を喋れるようになり仕事で使えるようにしたいから勉強する
  • 40代から体力がおちるから体力を付けておきたい
  • 副業を始めるためにビジネスの勉強をしたい。

こういった将来やキャリアアップのための「備えの時間」とも言えます。

実はこの「B:緊急でない+重要」がとても重要で、

「B:緊急でない+重要」の仕事や学びを取り組むことで、「A:緊急+重要」を減らすことができ、

将来への自己投資にもなるのです。

「緊急度は低いが、自分の将来にとって重要度が高い」ということです。

「C:緊急+重要でないこと」

自分にとって価値を生むものではないが、やらなければならないことです。

こればかりしていると本当に優先するべき「B:緊急でない+重要」をする時間が減ってしまいます。

「D:緊急でも重要でもないこと」

これは本当に無駄で時間の浪費となってしまいますので、できる限り削減したいですね。

優先することを決める


「ステップ1 その日に優先することを決める」に戻ります。

この「その日に優先することを決める」ということは、

まさに「B:緊急でない+重要」のことです。

まずは、何に集中したいのか「B:緊急でない+重要」を決めて、「B」を軸にスケジュールへ落としていきましょう!

ステップ2 集中して終わらせる

何をやるにしても気が散ると集中できませんよね。

このステップ2は、気を散らすものを削除していくステップです。

世の中には、たくさん気を取られるものばかりです。

アップルによると、1日平均80回もスマホのロックを解除するそうで、

まさに今の時代は「注意散漫」がデフォルトになっています。

そんな時代にとても「意志」だけでは集中することは難しいですよね。

なので、仕組みで「質の高い時間」を作ることが重要になってきます。

質の高い時間を作る方法

・SNS/メールは時間を決めてチェックする

・テレビやYoutubeをだらだらと見ずに「お楽しみ」として特別なものにする

・テレビを家のメインの場所に置かない。テレビの生活が中心になるから。

・自分で締め切りをつくる

・集中できる音楽のプレイリストをつくる

・時間が見えるようなタイマーを設置する

・マルチタスクではなくシングルタスク

など「集中」するための仕組みをつくり、集中して終わらせましょう!

ステップ3 エネルギーを蓄える

ステップ2の集中力を高めて、自分時間を作るためには、脳や身体をエネルギーを与えてケアする必要があります。

人間だれしもがこの「エネルギー」を充電しないと、仕事が遅くなったり、

続けることができなくなってしまいます。

エネルギーを蓄えるために必要なこと6選

1.動き続ける

人間の脳と身体は、動いている時がいちばん効率よく機能する。

2.リアルフードを食べる

加工食品や人工食品などのフェイクフードをやめて、身体に取り入れるものに気を使う。

3.カフェインをうまく摂る

休憩のたびにコーヒーを飲む習慣になるとカフェインが切れたときに、「眠気」「疲労感」を誘発してしまい脳の活動が押さえられてしまう。

  • 起床後すぐにコーヒーは飲まずに目を覚ます。
  • 最初の1杯を朝9時半から10時半までの間に飲む
  • 最後の1杯を昼1時半から2時半までの間に飲む

飲む量と時間をコントロールすることで、1日安定したエネルギーを保つことができる。

4.騒音や気が散る場所から離れる

デジタルから離れて自然にふれることで脳のバッテリーが充電される

5.人とあう

仲間や家族と会ったり話たりすることでエネルギーをもらう。またそれがエネルギーを与えることにもなったりする。

6.睡眠をしっかりととる

寝る前にSNSやメールなどをみると脳が再起動してしまうので、可能であればスマホの持ち込みを禁止する。

さらに睡眠についての記事はこちら

ステップ4 1日を振り返る

最後のステップとして、寝る前に今日1日を振り返る。

ステップ1から3までのことを思い返し、

何か改善したいか、やめたいか、エネルギーは足りていたか、集中できたか、その日に何か喜びを感じれたかを振り返る。

そうすることで、習慣化となり、脳と身体、将来や目標がぴたっと会った毎日に変化していきます。

緊急でない+重要なことが増えてワクワクする日常を楽しみたいですね。