マインドマップとは?アイデアを生み出すコツ【成功の秘訣】

ペンをもった男性のイラスト

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

アイデアを生み出すコツ

ビジネスにおいて自分の頭の中のアイデアや想いを整理したい時はあなたはどのようにしていますか。

頭の中を整理をする時、箇条書きで書くという方法がありますよね。

箇条書きで書いてそのままではせっかく出したアイデアも視覚的に分かりづらいですよね。

もっと頭の中を整理して、すっきりとさせたい時は、書き出した様々なアイデアを関連付けさらに視覚的に深めるマインドマップはおすすめです。

この副業コラムでは、マインドマップを使って自分の考えやアイデアをたくさん出して整理をするコツを紹介します。

ではさっそく始めていきましょう。

マインドマップとは?

まず始めにテーマを決めます。

そのテーマを中心に関連付いたアイデアをさらに書き出し、枝状にしてつなげ広げていきます。

テーマから枝分かれしたアイデアや考え、イメージや視覚、関連性などについてジャンル問わず書き込んだ図をマインドマップと言います。

マインドマップおすすめの使い方

マインドマップは中心にテーマを書き、そこから思いついたことや関連性のあることを枝状に書き広げていきます。

思い浮かべたアイデアを枝状に広げることで、新しいアイデアが思い浮かんできたりもします。

また関連性があるワードや膨らんだイメージをできるだけ単語で書くことでイメージがさらに広がることがあります。

【マインドマップのポイント】
  • マインドマップは枝上で単語同士をつなげるから視覚的にわかりやすい。
  • 中心に置いていたテーマに対し視覚的なイメージをつくりこむことで全体をとらえることができる。
  • 自分のアイデアを発展させ成長させることでより広がったイメージを作ることができる。
  • もじや枝の色を変えることで頭の中で考えていた情報を視覚的に捉えることができる。

マインドマップは思いついたアイデアや考えを思い思いに書くことが大事です。

どんどんとアイデアを書き出し、枝の先に延ばしていくと不思議と新しいアイデアや考えが生まれてくることがよくあります。

そして一通りマインドマップを書き終えたら全体を見てみましょう。

そこで関連性のあるもの気になるもの同士を矢印なのでつないで行きます。

マインドマップは視覚的に関連性がわかりやすく、 自分の考えやアイデアを書き出すだけでなく暗記することにも使います。

それぞれの枝ごとに色を分けることでより視覚的にも分かりやすくなり関連性のあるもの同士をシンプルにとらえることができます。

いかがでしたでしょうか?

本日の副業コラムでは、マインドマップとは?アイデアを生み出すコツ。【成功の秘訣】を紹介してきました。

自分のアイデアや考えを発展させて、新たな可能性を生み出すのに使ってみてください。

≫経営者として成功するコツをさらに知りたい方は下記をごらんください。

ペンをもった男性のイラスト マインドマップとは?アイデアを生み出すコツ【成功の秘訣】