固定費削減!携帯・スマホ代を見直して不労所得(経済的自由)を達成しよう!

固定費削減の方法

あなたの解決したい悩みは?

  • 不労所得(経済的自由)を叶えたいけど、そもそもお金に余裕がない
  • 毎月の支出が多くて、不労所得(経済的自由)どころではない
  • 高い携帯・スマホ代を何とかしたい、おすすめの格安SIMについて教えてほしい
ゆたか
ゆたか

今回は携帯・スマホ代といった固定費を削減して不労所得(経済的自由)を達成する方法をご紹介します。

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

ブログ記事の信頼性

不労所得(経済的自由)を達成するには、入ってくるお金だけでなく毎月お財布から出ていくお金のことも意識しなければいけません。

はみだし日本人では不労所得(経済的自由)を達成するための、あらゆる情報を発信していますが根底にあるのは「固定費」を削減することです。

一括と月額の罠に注意!

たとえば、6万円の買い物をするといったら皆さんはどう感じますか?

「高い!」このように感じる方がほとんどだと思います。

「月額5,000円」だったらどうでしょうか?

それほど高い!とは感じないと思います。

しかし、実は1年という単位で見れば6万円も5,000円も同じです。

固定費の罠

毎月支払う金額が小さいほど金銭感覚というものがありません。

皆さんの身近な例でいえば携帯・スマホ代です。

スマートフォンを買い換える際に、機種代金100,000円前後が当たり前になっています。

一括で100,000円は高いと感じますが、これが月々4,000円程度の支払いだったらどうでしょうか?

負担する金額が小さく見えてしまうので、買ってしまいますよね。

固定費見直しリスト

  • 保険
  • 携帯、スマートフォン

このように固定費を見直すものはいくつかありますが、今回は携帯・スマホ代を取り上げます。

理由としては、身近にあるもので皆さんがとっつきやすいものだからです。

オンラインで料金プランを変更できて、その場で適用できたり、かんたんな手続きでもっと安い他社に乗り換えられたりできるのです。

スマートフォンの月額平均料金は?【大手3キャリアの人は要チェック!】

ゆたか
ゆたか

すでに格安SIMを使っている方は、読み流してみて下さいね!

スマートフォンの月当たりの平均請求額として、1台あたり月額6,000円から1万円と言われています。

皆さんのスマートフォンは月々いくらかかっていますか?

特に以下の大手3キャリアのスマートフォンをお持ちの方は、必ず調べて料金を把握して下さいね!

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

あなたのスマホを「格安SIM」に変えると?

あなたのスマートフォンを大手3キャリアから「格安SIM」に変えると、毎月支払う金額がだいたい2,000円から5,000円程度になります!

驚きの安さですよね。

しかもご家族単位なら何倍もの削減効果を発揮します。

人によっては毎月4,000円から5,000円ほどの差額が生まれます!

つまり、毎月5,000円ほどお金に余裕ができるということですね。

もしも毎月5,000円所得を増やそうと思うと大変!

格安SIMに変えることで、毎月5,000円ほど支出を削減できるということが分かりました。

もし、毎月5,000円ほど所得を増やそうと思った場合……

時給1,000円のバイトを5時間!

しなければいけません。

しかも、仕事やバイトは職場に行くまでの通勤時間、そして給与所得に掛かってくる税金などがあります。

実質5,000円以上稼がないと、割りに合わないということになります。

これらを考えれば、圧倒的に固定費の支出を抑えるほうが簡単であるということがお分かりでしょう。

格安SIMについてよくある質問

よくはみだし日本人にいただく、大手3キャリアから格安SIMへ引っ越しする際の質問として多いものをまとめました。

Q.短期違約金が掛かるのではないか?

たいていの携帯キャリアは契約期間を定めており一般的なのは、

24ヶ月以内に解約したら違約金1万円

というものです。

キャリアの言い分としては、短期間で解約されるとサービスコストが回収できないからというのがあります。

しかし、長期間契約していても無料で解約できる期間は24ヶ月中2ヶ月しかないのです(2年毎の解約しかできない)。

契約してから24ヶ月は縛って、それ以降はいつ解約してもいいということだったら分かるのですがこれはどう見てもおかしいですよね。

A.はみだし日本人の回答:すぐ乗り換えましょう

違約金というのは、格安SIMに移行して安くなった分ですぐ元が取れます。

毎月差額5,000円ですよ!

2ヶ月もすれば総額1万円となり、違約金1万円が相殺されます。

Q.端末代金(分割、割賦とも)が残っている場合は?

まず携帯代金の内訳について知ろう!

携帯代金には大きく分けて2つの要素で構成されています(大手3キャリアの場合)。

  1. 端末代金(いわゆる分割、割賦代)
  2. 月額費用(通信料、通話料、オプション加入料)

これらの総額が、皆さんの手元に請求額として来るのです。

格安SIMにすると?

格安SIMは基本的に通話料+通信料のみです。

端末は基本的に一括購入でしかも安く、お手持ちの他キャリアのスマートフォンも使えます。

A.大手3キャリアの端末分割金は解約後も分割で払い続けられます!それでも格安SIMにした方がお得

もし、あなたのお手持ちのスマートフォンが大手3キャリアのもので端末代の分割金が残っていても、ちゃんと格安SIMにできますよ。

大手3キャリアに限らず、スマートフォンの端末代の分割金は解約後も引き続き分割で払い続けられます。

窓口の担当者によっては「解約時は残債を一括でお支払い頂きます!」と言われるかもしれませんが、滞納している場合を除き、解約後も引き続き分割で支払うことができます。

ですから、分割金が残っていても格安SIMにしてしまったほうがお得です。

Q.乗り換えのときの案内が不親切

こちらの質問も大手3キャリア解約時の「あるある」ですね。

大手3キャリアとしては、皆さんには解約されてほしくないんですよね。

  • 電話でものすごく引き止められる
  • MNP予約番号をなかなか教えてくれない

最近問題になったのは、「携帯の解約ページをnoindexタグで検索しにくく、ドコモとKDDIが指摘受け修正」というニュースが記憶に新しいです。

余談ですけどnoindexって、はみだし日本人のSEO対策でも出てくるものですよね。

A.大手3キャリアの策略です。今より安くなるのは確実ですから格安SIMにしましょう!

さて、話を戻せばそれくらい大手3キャリアは解約手続きに消極的です。

はみだし日本人のユーザーから寄せられた声に、

「解約すると最悪の場合、スマホが壊れる場合がありますよ!」

「通信速度が極端に遅くなりますけどいいんですか!?」

「お得なキャンペーンがすべて適用されず、結果的に高くなりますけど本当にいいんですか!?」

など、根拠のないことを言われて解約を渋られたというのがありました。

はみだし日本人のこの記事を読んでいる皆さんは、不労所得(経済的自由)達成のために、負けないで下さいね!

格安SIMのデメリット

毎月5,000円も料金が削減できる格安SIM。

安くなるのは大いに歓迎ですが、もちろんデメリットも存在します。

格安SIMのメリット・デメリットをしっかり把握して、着実な不労所得(経済的自由)達成のためのステップを踏んでくださいね。

  • 人混みがあるエリアや時間帯で通信速度が遅くなることがある
  • 携帯キャリアドメインのメールアドレスが使えない(@docomoや@softbankなど)
  • LINEのID検索が使えない(キャリアの年齢認証が使えないため)

一つずつ見ていきましょう。

人混みがあるエリアや時間帯で通信速度が遅くなることがある

結論からいえば、通常の使用においては問題ありません!

ご自宅に光回線+WiFiなどの通信環境が整っているなら、なおさら気にすることはありません。

格安SIMの中にも、通信速度が遅くならない快適なものもあります。

今回の記事でご紹介している楽天モバイルは、最新の5Gにも対応して通信速度は快適!それでいて大手3キャリアよりも圧倒的に安いのでおすすめですよ。

携帯キャリアドメインのメールアドレスが使えない(@docomoや@softbankなど)

今の時代はLINEやFacebook Messenger、カカオトークやInstagram、Twitterのダイレクトメッセージがあります。

これを機に、キャリアメールを断舎離してLINEなどに切り替えましょう。

どうしてもメールで!という方は、Gmailを利用検討して下さい。

Gmailは絵文字も扱えますし、パソコン・スマホなど端末問わずどこでも受信できるので便利ですよ。

LINEのID検索が使えない(キャリアの年齢認証が使えないため)

LINEのID検索が使えないという話がありますが、LINEモバイルという格安SIMなら大丈夫です。

LINE運営自体が提供している格安SIMなので、どうしてもLINEのID検索を利用したい!という方はLINEモバイルを検討しましょう。

格安SIMへのかんたん引越方法

大手3キャリアから格安SIMへの引越方法として、

  1. 今契約している携帯会社でMNP予約番号を取得
  2. 格安SIMキャリア契約時にMNP予約番号を入力して契約(電話番号が引き継がれます)
  3. 届いたSIMカードをお手持ちのスマートフォンに差し替えて設定

たったこれだけです!

NTTドコモを利用されている方

パソコン、お電話、ドコモショップにて、MNP予約番号をお申込みになれます。

パソコン

「ドコモオンライン手続き」からお申込みになれます。

  • パソコンやWi-Fi経由などドコモのケータイ回線以外からお手続きの場合、「dアカウント」が必要になります。

dアカウント」はドコモのケータイをお持ちでなくても簡単に発行できる無料の共通IDです。(受付時間:午前9時~午後9時30分)

以下のお客さまは、パソコンではお手続きいただけません。ドコモ インフォメーションセンターまたはお近くのドコモショップにてお手続きください。

  • 一括請求/一括送付サービスの代表番号
  • 3回線以上でファミリー割引をご契約の代表回線

お電話の場合

受付時間:午前9時~午後8時

ドコモショップ

営業時間は店舗により異なります。詳しくは各店舗ページをご確認ください。受付時間:各店舗の営業時間内

auを利用されている方

auの受付窓口へMNPの予約申し込みを行い、「MNP予約番号」をお受け取りください。
移転先会社の受付店に「MNP予約番号」を伝え、MNPによる携帯電話新規お申し込み手続きを行ってください。
データ通信専用端末(タブレット・ルーターなど)のau電話番号はMNPの対象外です。

WEBでのMNPのご予約|受付時間:9:00~20:00

My au TOP  画面上部「スマートフォン・携帯電話」   ご契約内容/手続き  お問い合わせ/お手続き   MNPご予約

  • My auへのログインはこちら
  • お手続き中に20:00を迎えた場合、ご予約を完了できません。余裕をもったお手続きをお願い致します。
  • MNP予約番号は、お申し込みの携帯電話番号宛てに157よりSMSにて通知致します。

EZwebでのMNPのご予約|受付時間:9:00~20:00

EZキー ボタン  トップメニューまたはauポータル トップ   My au  ログイン  申し込む/変更する   au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)

お電話でのMNPのご予約|受付時間:9:00~20:00

au携帯電話/一般電話共通:フリーコール0077-75470(無料)

  • ご契約者様からお電話ください。
  • 「MNP予約番号」発行のお手続きには、解約にかかわる重要事項のご説明など、お時間を頂戴する場合がございます。 店頭でお乗換え手続きされる前に、ご自宅などから余裕をもってお電話ください。

店頭でのMNPのご予約|受付時間:店舗によって異なります。

auショップ/au Style・トヨタ au取扱店 (一部除く)

ソフトバンクモバイルを利用されている方

ソフトバンクショップ
お近くのソフトバンクショップにてお手続きをしてください。
お手続きには、本人確認書類が必要です。

おすすめ格安SIM

格安SIMは調べれば、たくさんあるということに気づくでしょう。

はみだし日本人がおすすめする格安SIMは以下の通りです!

  • DMMモバイル(ドコモ端末対応)
  • 楽天モバイル(ドコモ端末対応)
  • Mineo(大手3キャリア端末対応)
  • Nuroモバイル(ドコモ・ソフトバンク端末対応)
  • IIJモバイル(ドコモ・au端末対応)

なかでもおすすめな格安SIMは「楽天モバイル」

格安SIMジャンルでめきめきと存在感を出している楽天モバイル

楽天ポイントの新料金プランは、

  • 解約金や最低利用期間の縛りがない!
  • 『1年間月額料金が無料』!

しかもキャンペーンの無料期間が終了した後も「Rakuten UN-LIMIT」はデータ無制限なのに月額料金が2,980円という格安の料金設定となっています。

楽天モバイル1年間月額料金が無料キャンペーンがもうすぐ終わる!

「先着300万名を対象に1年間月額料金無料」のキャンペーンを行っていた楽天モバイルですが、4/7(水)にキャンペーンの終了が発表

楽天モバイルのキャンペーンとは……

  • Rakuten UN-LIMIT Vの契約だけで5,000円相当の楽天ポイント還元!
  • スマホとセットで購入で20,000円相当の楽天ポイント還元!

これら2つのキャッシュバックと月額料金無料を合わせると、割引額は最大60,760円!

格安SIMに限らず、1年もの間スマホの月額料金が無料になるようなお得なキャンペーンは他にはありません。

キャンペーンが終わって後悔することのないように、楽天モバイルはかならず4/7(水)までに申し込みましょう!

《ここに楽天モバイルアフィリエイトリンクA8》

まとめ

不労所得(経済的自由)を達成するために、意外と見落とされがちな「毎月の固定費」の存在をご紹介しました。

特にスマホ代は身近でかつ端末代金も高額であり、知らぬうちに思いもよらない支出になっています。

塵も積もれば山となる、ということわざがあるように固定費を削減することで年間単位で数十万円も差がついてきます。

格安SIMにすることで、月々5,000円ほど安くなるということも分かりました。

数ある格安SIMの中でも、楽天モバイルが通信速度と月々の利用料金の安さというバランスでおすすめです。

皆さんも、1日も早く不労所得(経済的自由)を達成して人生を心から楽しみましょう。

今日から行動した人から、未来は大きく変わりますよ。

≫【節約速報】クレカ+スマホだけで快適生活の方法を知りたい方は下記をごらんください。

クレカ+スマホだけで快適生活!キャッシュレス決済どれがいい?

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。