ブログで使う有料画像のおすすめサイト3選【初心者】

カメラで何を撮ろうか考えている女性のイラスト

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

有料画像と無料画像は何が違う?

カメラで写真を撮っている人のイラスト

厳選されたセンスのいい写真やイラスト(有料画像)をブログ初心者の方におすすめするサービスを3選しました。

自身のブログを構築するのときに、オリジナリティーやデザイン性のあるブログにしたいですよね。

そのときにまず簡単に実現できる方法は、有料画像サイトで写真やイラストを品質の高いものに変えていく方法をおすすめします。

今回のナゼブロでは、そんな写真やイラストをどの有料画像サイトで探すと良いかを調べていきたいと思います。

それでは、早速はじめましょう。

そもそも画像・写真素材サイトとは何でしょうか?

写真やイラスト、動画などの素材をweb上で購入できるサービスです。

なぜ有料画像が良いのでしょうか? 

有料画像のメリットは?

クオリティー(品質)が違う!

なんと言っても、クオリティーが違います。何故なら「有料画像サイト」で掲載されるためにはクオリティーの審査に合格していないと掲載することが出来ないからです。そのためクオリティーが担保された素材が販売されているのです。

有料画像 = プロのクリエーターが作る素材 と言える。
無料画像 = プロ・アマ両方の素材があり「品質」が保たれづらい。

素材の掲載数が多い!

クオリティーの高い素材の数が圧倒的に多いことがあげられます。後ほど詳しく書きますが、おすすめの Shutterstock(シャッターストック)では2億9700万点もの写真やイラストから素材を選ぶことが出来るのです。

有料画像 = 掲載数が圧倒的に多い
●無料画像 = 掲載数が少ない

探す時間の短縮になる!

前もってイメージしたものがある場合「無料素材サイト」で探すとなるとなかなかぴったりのものが見つけられなかったり、時間がかかってしまうこともありえます。

有料画像 = 掲載数が多いのでイメージに近いものに時間をかけず出会いやすい
無料画像 = イメージに合ったものを探すのに時間がかかる

競合のサイトと被りにくい!

素材の掲載件数が多いので、他のサイトと素材が被りにくいこともメリットとなります。オリジナリティーが欲しい人は特におすすめなのです。

有料画像のデメリットは?

  • 有料なので月々のコストがかかる
  • ファイルサイズが重いので画像の圧縮など一手間かかる
  • チームや複数サイトで使う場合、複数で使えるプランか確認が必要
  • ロイヤリティフリーとライツマネージドがあるので確認が必要
  • 購入した素材の販売や再配布などはNG

以上のような確認事項はありますが、どれもクリア出来るものばかりなので、

本気でブログを立ち上げたい人は、有料素材を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの有料画像サイト

撮影をしているイラスト

それでは、有料画像サイトでおすすめのサイトを3つに絞り紹介していきたいと思います。

Shutterstock(シャッターストック)

Shutterstockの画面写真

ニューヨークを本社に置く「Shutterstock(シャッターストック)」は、現在までに約2億9700万点もの高品質ロイヤリティフリー画像や動画、イラスト、今では音源なども提供している巨大な有料素材サイトです。日本を含めて150以上の国で利用されています。

メリット内 容
圧倒的な素材数約2億9700万点もの画像素材がアップされている。
検索のソート機能が優秀類似検索や、画像が占める色や性別・年齢・人種といった条件で検索できるため、イメージに合った素材を探しやすい。
ロイヤリティフリーロイヤリティーフリー素材をキーワードで簡単検索できる。追加料金や「ライセンス料」を支払うことがなく安心して使える。
無制限のダウンロード一度ダウンロードした素材は、削除されない限り何度でも再ダウンロードすることがでます。
カテゴリーが豊富おすすめのアーティストや季節ごとの特集ページ、よく検索するイメージに合った素材も紹介してくれます。
デメリット内 容
海外の画像が多い日本の素材(人物、風景)も多数ありますが、日本に特化した素材サイトではないので、海外の画像が多いです。
持ち越しNG1ヶ月間でダウンロード数が余っていても、次の月に持ち越すことが出来ません。
自動更新契約した際は、自動更新になっているので手動で更新をはずすことになります。

Shutterstock 料金プラン詳細

PIXTA(ピクスタ)

PIXTAの画面写真
画像素材【PIXTA】

PIXTA(ピクスタ)は日本のサイトなので日本語検索に強く、海外サイトと比較しても日本の風景や、日本人の写真など見つけやすく、価格もリーズナブルな有料素材サイトです。

メリット内 容
日本の画像が豊富日本人の写真や風景を探しているとき、特に見つけやすい。
料金設定が手頃類似検索や、画像が占める色や性別・年齢・人種といった条件で検索できるため、イメージに合った素材を探しやすい。
日本語検索に強い海外サイトのものだとどうしても日本語検索でイメージと違ったものが出てくることがありますが、そのストレスが軽減されます。
デメリット内 容
海外の画像が少ない日本人クリエイターが多いので、その分海外クリエーターは少ないので、使い分けると良いです。

PIXTA 料金プラン詳細

Adobe Stock(アドビストック)

Adobestockの画面写真

「Adobe Stock(アドビストック)」は、1億点を超えるの画像やイラスト、ベクター画像、テンプレート、3D素材などのあらゆる素材を提供する有料素材サイトです。高品質な素材と、Adobe Creative Cloudとの強力な連携・共有機能が売りです。

メリット内 容
Adobeソフトの連携PhotoshopなどのAdobeソフト内で、画像を検索、編集、ライセンスの購入も可能です。
類似画像検索機能類似画像検索機能が優秀で、イメージに合った素材を探しやすい。
繰越ができる使わなかった画像を120点までは繰り越すことが出来ます。
デメリット内 容
海外の画像が多い日本の素材(人物、風景)も多数ありますが、日本に特化した素材サイトではないので、海外の画像が多いです。
自動更新契約した際は、自動更新になっているので手動で更新をはずすことになります。

≫下記の記事では有料テーマについて詳しく紹介しています。

青空の外を見ている人 WordPress おすすめテーマ【初心者も必見】簡単インストール方法