WordPress サーバー比較 ブログ始めるなら絶対このレンタルサーバー

【決定版 】 ブログ始める サーバーの 選び方

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

ブログ記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

おすすめのサーバー5選

サーバーを使っている人たちのイラスト

【おすすめのレンタルサーバー5選】

レンタルサーバー名初期費用月額特徴WordPress
エックスサーバー エックスサーバー3,000円
12ヶ月以上は無料
900円〜国内シェアNo1
mixhost mixhost無料880円〜上位プランが豊富
ConoHa WING ConoHa WING無料810円〜上場企業運営(GMO)
ロリポップ! ロリポップ今なら無料500円〜安価なプランもある
さくらのレンタルサーバ1,048円524円〜最も運営実績が長い

それでは、どのサーバーが自分にあっているか調べていきましょう。

レンタルサーバーの基礎知識

サーバーを管理している人たちのイラスト

レンタルサーバとは?

レンタルサーバーとは、

サーバーの一部もしくは全てを個人や企業にレンタルするサービス

「ホスティングサービス」とも呼ばれます。

ホスティングサーバ(レンタルサーバ、共用サーバとも)とは、複数のユーザーが利用するサーバのことで、WebサイトやWebアプリケーションをインターネットで一般公開するために使われる。

引用:ホスティングサーバ – Wikipediaja

メリット

自分ででサーバー自体を運営することも出来ますが、セキュリティ対策、保守点検などの専門知識が必要です。

そこをレンタルサーバーでは、

セキュリティ対策、保守点検などの専門作業をまかせれる

何ができるの?

レンタルサーバーとドメインを契約することで、

  • 自分のドメインでホームページ・ブログを運営できる
  • 独自のメールアドレスが作れる

5つの選ぶポイント

サーバーのバックアップを復元しているイラスト

サーバーを選ぶ基準としてこの5つの項目を押さえましょう!

  • ① 価格が適正であること
  • ② 処理速度が速いこと
  • ③ バックアップができること
  • ④ WordPressが複数いれれること
  • ⑤ WordPressに適したサーバーであること

それでは詳細を説明していきます。

① 価格が適正であること

価格が適正かどうかというのは、

あまり安すぎるプランはいけない

なぜ安いプランはいけないの?

  1. 1つのサーバーの契約者が多い = 重いサーバーになる
  2. サーバーのスペックが低い = 速度制限 など遅くなる
  3. サポートの対応がいまいち = 電話対応 などが無い

目安として500円以上か、可能であれば1,000円前後のものがベスト!

② 処理速度が速いこと

ここでいう処理速度とは、

処理速度 = 表示する速度が早い

では、どうすると処理速度は早くなるのでしょうか?

それはサーバーのスペックが高いかどうか。

サーバーのスペックが高いと、ユーザーに素早くサイトを見せることが出来るので、結果としてサイトの早期離脱を防ぐことにもなります。

③ バックアップができること

トラブルにより「データがなくなってしまった!」なんてときに自動バックアップ機能があり、復元できることが重要です。

【自動バックアップ&復元機能リスト】

レンタルサーバー名自動バックアップ&復元
エックスサーバー エックスサーバー初期状態でバックアップ機能あり
(復旧データも無料で取得可能)
mixhost mixhost初期状態でバックアップ機能あり
(復旧データも無料で取得可能)
ConoHa WING ConoHa WING初期状態でバックアップ機能あり
(復旧データも無料で取得可能)
ロリポップ! ロリポップバックアップ機能あり
(オプション月額300円)
さくらのレンタルサーババックアップ機能あり
(無料だが設定必要)

④ WordPressが複数いれれること

1つのブログしか作らないよ!と思っている人も、

なれてくると複数のサイトを運営する可能性があります。

なので複数のWordPressを利用できるデーターベース(MySQL)かどうかは重要なポイントです。

【MySQLの上限(個数)/エックスサーバー・mixhost・ConoHaは無制限】

レンタルサーバー名MySQLの上限(個数)
エックスサーバー エックスサーバー無制限
(容量上限目安2GB/1個)
mixhost mixhost無制限
(1個あたりの容量上限なし)
ConoHa WING ConoHa WING無制限
(容量上限目安4.5GB/1個)
ロリポップ! ロリポップ50個
(容量上限目安記載なし)
さくらのレンタルサーバ50個
(容量上限目安3.0GB/プラン)

⑤ WordPressに適したサーバーであること

ポイントとして下の2つが上げられます。

  • WordPressかんたんインストール機能が付いている
  • SSL化(セキュリティ対策強化)が簡単にできる

≫ワードプレスでブログを作る方法を分かりやすく紹介しています。

空に絵を描く人 ワードプレス ブログの作り方を画像解説【10分で完成!】

各サーバーの特徴

サーバーの流れを表しているイラスト

それでは、各サーバーの特徴を見ていきましょう。

エックスサーバー

XSERVERのサイト画面

多機能・安定性・大容量を重視した本格レンタルサーバーです。

ブログやサイトの制作ではおなじみの、多機能・安定性・大容量を重視した本格レンタルサーバーです。

2020年の調査では国内シェアNo.1(※2020年5月時点、dataprovider.com 調べ)として多くの方に使われています。

【おすすめポイント】

  • サブドメインやメールアカウントも無制限に作れます
  • SSLも無料で利用可能
  • WordPressクイックスタートあり
  • 自動バックアップあり
  • メール、電話サポートあり

個人でブログを運営している人の多くがエックスサーバーを使っています。初めての人も使いやすいレンタルサーバーです。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

mixhost

mixhostのサイト画面

mixhostは大阪のサーバー会社が提供しているレンタルサーバーです。スペックが高く、非常におすすめのサーバーです。しかし、mixhostはサーバーの管理画面が分かりづらく、電話サポートがないのが難点です。初心者には少しハードルが高めかもしれません。

【おすすめポイント】

  • サブドメインやメールアカウントも無制限に作れます
  • SSLも無料で利用可能
  • WordPressクイックスタートあり
  • 自動バックアップあり
  • メール、電話サポートなし

月額880円からのパワフルで高速なクラウド型レンタルサーバー

ConoHa WING

conohaのサイト画面

初心者でも使いやすいのが特徴のレンタルサーバーです。

また、日本No.1の処理スピードなので、SEOの内部施策に気を配りたい方にもおすすめです。

【おすすめポイント】

  • サブドメインやメールアカウントも無制限に作れます
  • SSLも無料で利用可能
  • WordPressクイックスタートあり
  • 自動バックアップあり
  • メール、電話サポートあり
  • 管理画面がシンプルでわかりやすい

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】 ConoHa WING

ロリポップ!

ロリポップのサイト画面

コスパを考えるとスタートとしては安くコストを抑えることが出来ます。

そこまで本格的なブログではないが、まずは自分のサイトを作ってみたいという人にはコスパの良いサービスかもしれません。

  • サブドメインやメールアカウントも無制限に作れます
  • SSLも無料で利用可能
  • プランによるがWordPressクイックスタートあり
  • 自動バックアップあり(ただし有料)
  • メール、電話サポートあり
  • セキュリティー面の安全性も高い

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!
ロリポップ!

さくらのレンタルサーバ

sakuraインターネットのサイト画面

2週間の無料お試し期間があるので、試してみたい人におすすめ。ただしWordPressでサイトを作る場合、最低でも月額515円のスタンダードプランを選ぶ必要があるので注意!

  • サブドメインやメールアカウントも無制限に作れます
  • SSLも無料で利用可能
  • WordPressクイックスタートあり
  • 自動バックアップあり(無料だが設定必要)
  • メール、電話サポートあり
  • 10年以上もの会社の実績がある

さくらのレンタルサーバ

自分に合ったサーバーに出会えたあとは、つぎに必要なことの記事も参考にしてみてください。
≫下記の記事ではアフィリエイトで収益化をする手順を紹介しています。先ずは手順を見てみてください。

【初級者向け】 副業でブログ アフィリエイト を始める手順 ブログ開設 初心者がアフィリエイトを始める方法【簡単】