タグクラウドとは?作成方法と必要なのかを検証

タグクラウド とは?必要 なのか検証

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

タグクラウドとは?

タグクラウドとは、

ウェブサイトのページごとに主要ワードをタグ登録し、
利用頻度の高いタグを内部リンク集のコンテンツページにしたものです。

タグクラウドは、ブログサイトのサイドカラムの
コンテンツによく利用されます。

ゆたか
ゆたか

ネット情には、SEO効果として様々な見解がありますよね。

タグクラウドのメリット・デメリット

タグクラウドはSEO的に見た場合、良い面も悪い面もあります。

メリット
  1. 内部リンク増加で、サイト内の回遊性(クローラー・ユーザーの回遊性)が高まり、サイトパフォーマンスが向上する
  2. タグごとに新たなページが増え、インデックス数が増加する
デメリット
  1. 同じようなコンテンツが含まれるタグがたくさん作られ、重複コンテンツに近いページができあがってしまう
  2. タグに含まれるコンテンツが1つ2つしかない中身の薄っぺらいページができあがってしまう

デメリットの回避方法としては、noindexをタグページに設置することです。

noindexとは価値のないページを検索エンジンに認識させないようにするHTMLタグです。

このタグ設置でWebサイト全体の価値を下げることなく管理できるようになります。

タグクラウドの作り方とデザイン

タグクラウドの作り方には以下のような一般的にあります。

  • ワードプレスの機能を利用する
    wordpressのプラグイン、ウィジェット、専用コードでタグクラウドを作成する
  • タグクラウド作成ツールを使う
    無料公開されてるツールを使ってタグクラウドを作成する
  • PHPを使用して作成する
    PHP用のタグ生成ライブラリを活用してタグクラウドを生成する
  • jQuery、JavaScriptを使って作成する
    jQueryプラグインを活用してJavaScriptで作成する

テキストリンク(アンカーテキスト)となるタグクラウドのデザインは、
主にCSSで調整します。

効果的なタグクラウド作成のためには、以下の3つポイントをおさえましょう。

  • 文字色
    デフォルト、オーバー時のリンク色を使い分け、リンクだとわかりやすくする
  • 文字サイズ
    人気タグの文字を大きくし、ユーザーが集まりやすいコンテンツに集中させる
  • フォント
    フォントスタイルを変更し、タグクラウドを目立たせる。
    また、参考サイトをもとにタグクラウドをデザインするのもおすすめです。

タグクラウドについてGoogleの見解

Googleは、タグクラウドについて以下のように言及しています。

たとえば500個もタグがあったらやりすぎだ。

ゴチャ混ぜでキーワードスタッフィング(キーワードの詰め込み)になる。

タグはリンクになっている。Flashを使ったりしてタグを入れ替えるのはユーザーにはおもしろいけど、僕たちはリンクとして必ずしも抽出するとは 限らなくて、PageRankが流れないかもしれない。

また数が多ければそういったリンクを信頼しないし、ランキングに悪く影響するかもしれない。

タグの数が少なければランキングにマイナスに影響することはないだろう。

でも数が多いと個別記事のページよりもタグページにPageRankが流れてしまうかもしれない。

僕のブログは、タグクラウドは使わずにカテゴリを使っている。

以前はタグが流行ったけど、今は使われなくなっている。

タグだと時には大量のリンクができてしまうから、意図したページにPageRankを流すことができなくなる。

個人的にはタグクラウド使わないのがいいと判断している。

害があるというわけではなく、キーワードスタッフィングのように見える場合があるからだ。

「使っちゃいけない」とは言わないけど、使うならどのくらいまで大きくするのか、どんな技術を利用するのか、どんなタグを使うのかを、よく考えたほうがいい。

Googleの見解 ( YouTubeより )
Web担当者Forum「タグクラウドをサイドバーに置いているとSEOスパム扱いされる?」

結論、Googleの見解では、SEO最適化のメリットはタグクラウドには少なく、使用しない方が良いと言っています。

使用するのであれば、タグクラウドで生成されたリンクや
コンテンツのパフォーマンスを管理することが大切となりそうです!

≫WEBマーケティングで知っておきたいSEO用語は下記をごらんください。

知っておきたいよく使われるSEO用語27選 【SEO用語集】WEBブランド マーケティングで知っておきたい27選