【URL決め方】効果的なパーマリンクとSEOの関係性

URLの上手 な決め方! 効果的に選ぶ【SEOの関係性】

こんにちは、ゆたかです。(@yutaka_dreams

ブログやサイトを作るときに、どんなURL(サイトのアドレス)をつけていますか?
「URLだからそのタイトルをそのままいれてるよ」「適当にいれてる」など、そんなに気にしていないかもしれません。

今回は、「URLの決め方」をSEOの視点から考察していきたいと思います。

ブログ記事の信頼性

あなたの知りたい項目から読めるように出来ています。
知りたいタイトルから始めてください。

SEOとURLの関係性について

URLとは?

まず初めに「URL」(ユーアールエル)とは?「Uniform Resource Locato」の略で、簡単に言ってしまえば、ウェブサイトに必ず設定されている住所のようなものです 。

URLはSEOに関係するの?

今回の記事の重要なポイントになりますが、結論、

大きな関係性はありませんが、まったく関係がないということではありません。

SEOで重要なことはユーザーファーストであり、ユーザー目線としてURLもSEOに関係があるということです。

SEOを考える上で重要なポイント

SEOとは「検索エンジン最適化」の意味で、検索エンジンからサイトに来る人を増やす対策のことです。

なので、SEOを考える上で重要なポイントとして、

  • 検索エンジンに分かりやすいサイトづくり
  • ユーザーに分かりやすいサイトづくり
  • ユーザーにとって有益な情報を提供できるサイトづくり

この3つがあげられます。
この3つを意識して、具体的にURLをどのように設定していけばいいかを紹介していきます。

URLの具体的な4つの対策

Googleが検索順位を決めるとき273個(2019年4月)の検索アルゴリズムから決定していると言われています。この検索アルゴリズムからURLはどのように関係しているかを紹介します。

1. キーワードを入れる + ページ内容に合うURLにする

GoogleのJohn Mueller氏の見解によると、「URLにキーワードを入れることは、検索順位にとって小さな要素」だと言っています。参照:Google Search Central

URL にキーワードを 入れましょう

なぜかと言うと、URLにキーワードが入っているとユーザーにとって親切だからです。これは先程のSEOの観点から、ユーザーファーストの観点に当てはまります。

キーワードは、ページの内容に合うものにしましょう。

全く関係ないキーワードでは、ユーザーは URL を見た時に混乱してしまいます。コンテンツの内容が想像できるようなURLにしましょう。

≫キーワード設定とツールについての記事は下記をごらんください。

山に登る男性 ロングテールキーワードの選び方!【おすすめ】無料キーワードツールを紹介

2. 日本語は使わない

URL には日本語は使わないようにしましょう。

たまに、 カテゴリーなどに日本語でつけているサイトもあります。

一見、日本語だと読みやすいように感じますが、日本語が認識できないブラウザでは、日本語部分がうまく表示されません。

例えば

hidesblog.com/category/category/ワードプレス情報

hidesblog.com/category/category/%I8%A3%9F%K3%2N%77%R2%DC%48

URL には英語または、ハイフンを使います。

たとえば、先程の「ワードプレス情報」でしたら、

hidesblog.com/category/ワードプレス情報

↓↓↓

hidesblog.com/category/wordpress-info

など、ハイフンで区切り作るとわかりやすいURLになります。

アンダーバー(アンダースコア)は避ける

アンダーバー「 _ 」をつかう事もできますが、検索エンジンにプログラミングパラメーターとして認識されてしまうっこともありますので、可能な限り使わないようにしましょう。

3. 短くわかりやすいURLにする

さきほど、URLにはキーワードを入れると良いと書きましたが、あまり長すぎるとよくないということもあります。

なぜかと言うと、 SEOにおいてファイルの容量が軽い方が良いからです。

キーワードを入れることだけに気を取られ、 URL がとても長いものになっていては意味がありません。

なので出来る限り、短くわかりやすい URL をつけるように心がけましょう。

URL内にキーワードを何度も使うのはやめましょう!

4. 階層を浅く設定する

URLの階層・構造を注意しましょう。

URL にはディレクトリ階層リンク階層という2つの階層があります。

ページの所属関係や 階層構造を表すものです。

例えば

/music/rock
/music/jazz

この2つのURLは「ミュージック」のディレクトリに「ロック」「ジャズ」に分類されているとわかります。

特定ページから何階層目にページがリンクされているかを表すものです。

例えば

/music/rock のリンクがトップページにはられていた場合は、「2階層目」となります。

検索エンジンは階層が浅いほど重要なページとされるので、SEOとしてはトップページからの内部リンクの設置はとても重要となります。

≫ブログタイトルの付け方をまとめた記事は下記をごらんください。

ブログ タイトルのつけ方|5つのポイント【SEO対策】

≫見出しの付け方をまとめた記事は下記をごらんください。

ブログ検索結果ベスト3のイラスト ブログの見出しの作り方【グーグル検索結果アップ!】