Webマーケティング担当者に必要はスキルとは?【初心者必見!】

統計を見ながら学習をしているイラスト

Webマーケティングとは?

現在、国内では様々な会社で副業が解禁され、自宅で自分の好きな時間に仕事をするスタイルがとても増えています。

なかでも多く選ばれている副業に個人や自社のWebサイトを運用し収益化するケースが多くあります。

こうした中で、とても大きな役割をしているのが、Webマーケティングです。

現在多くのフリーランスや副業者、また、企業がWebサイトを運用し、自社サイトを効果的にマーケティングしようと日々模索しています。

このWebマーケティングを担当している職種が、Webマーケティング担当者やWebマーケターと呼ばれる職種です。

この記事では、Webマーケティングを成功させるためにはどのようなスキルが必要なのかを初心者にもわかりやすく解説していきます。

では早速、進めていきます。

Webマーケティング担当者の仕事内容とは?

Webマーケティングの担当者は、その名の通りWebの中でマーケティングを担当する役割です。

マーケティングの主な目的は、Webサイトの登録数やアクセス数の増加やアクセス解析から目標を達成するために何が必要かを分析することです。

ユーザーの流入経路や離脱率を分析し改善をおこなっていきます。

そのためWebマーケティングの担当者は、マーケティングに関する知識は不可欠です。

仕事内容は、Webサイトへの集客だけでなく、現在の市場の傾向や人々の関心、世の中のライフスタイルなど時代の動きを読みながらユーザーの求めるニーズを先回りできるスキルが求められます。

また、新たなマーケットの形を作り出すことも時に求められ、市場に関する専門知識だけでなく社会の変化に幅広くアンテナを張ることで、 Web マーケティングの視野が広がります。

Webマーケティングの対策方法とは

Webマーケティングの3つの対策を紹介していきます。

その①:SEO(検索エンジン最適化)

SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジンにウェブサイトの情報を適切に伝えることで、検索結果で上位に表示できるようにウェブサイトやブログ記事を作成することです。

現在ではユーザーにとって有益な情報を提供するためのコンテンツがとても SEO 対策に重視されています。

その②:リスティング広告

Webサイトのユーザー流入数を増やす対策の一つにリスティング広告があります。リスティング広告とは検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告のことで、広告を出すことで多くのユーザーにみてもらうことができます。ユーザーが求めている検索結果に関連した広告がウェブサイトの上部や下部に表示されることで、ユーザーの求めている商品やサービスに対して商品を提供することができます。 Web マーケティングの担当者はリスティング広告にどれだけの予算を投入するか、またどのようなキーワードを設定するかなどを検討します。こうした背景に必要なのが市場やデータを的確に分析するスキルが求められます。

その③:LPOランディングページ最適化

Webサイトに訪れたユーザーを引き留めたい場合の手段として多く用いられるのが、LPO(Landing Page Optimization)ランディングページ最適化です。

ユーザーが最初に訪れるページをランディングページと言います。
このランディングページを 最適化することで、離脱率を下げ目的のページへの流入を高める改善を行います。
LPOの一般的な手法として、検索機能などを充実させ目的のページへとすぐたどり着けるように設計することなども行われます。
Web マーケティングの担当者は、データを元にユーザーに対しどのようなランディングページにすることが必要なのかを考えサイト全体の構成を見直していきます。

Webマーケティングの担当者に必要な能力とは

Webマーケティングの担当者に必要なスキルは下記の2つは必須です。

  • マーケティングに関する知識
  • アクセス解析に関する知識

アクセス解析では Web サイトに訪れたユーザーの情報屋傾向を調べ、今後の改善や戦略を練るために必要なユーザー像を明確にしていきます。

現在、一般的に利用されているアクセス解析ツールには下記があります。

基本的な操作を扱えるだけではなく、効果的な使い方や設定方法についても専門的知識が必要になります。

またアクセス解析に関する知識と SEO 対策やアフィリエイトに関する知識も学んでおく必要があるでしょう。

Web マーケティングの担当者には、 Webサイトを収益化しするスキルも求められるのです。

例えばLPOをおこなうには効果的なランディングページのデザインに関する知識や経験がとても大きく影響してきます。

Webマーケティングを成功させるには?

Webマーケティングは専門的なスキルがとても多く含まれているので独学でひたすら知識を学ぶことはおすすめできません。

Webマーケティングは企業の強みや製品サービスの特徴などあらゆる視点から理解する必要があります。

  • 限られた予算の中で最も効果的な対策を考える必要がある
  • 現在、 SNS や YouTube など様々な手法と掛け合わせた手段がある

こうした様々な市場や商品やサービスに合わせた最も効果的な戦略を取るためには実績や経験からノウハウを学ぶことが求められます。

ただ独学でWebマーケティングを請けることは大変危険です。

Webマーケティングの経験者のもとで多くの経験や知識を学ぶことがより良い成長につながります。

Webマーケティングを学ぶことで、Webサイトを用いたプロモーション活動やサイト収益化を実現できるようになります。

Googleのアルゴリズム改訂により現在ではモバイルファーストの概念が強くなってきました。

またスマートフォン1つで簡単にWebサイトを開ける時代でもあります。

多くのユーザーがサイトやブログを見る環境は広がり続けています。

こうした中、多くの人に見てもらうために必要なWebマーケティングのスキルとは常に求められるものになっています。

専門的な知識や技術を学び同時に、ユーザーが求める問題解決やニーズに応えられることができれば、副業やフリーランスとしても収益化が期待できます。

今回のWebマーケティング記事では、Web マーケティング担当者に求められるスキルと役割を説明してきました。

この記事があなたにとって、少しでも有益な記事になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫WEBマーケティングで知っておきたいSEO用語は下記をごらんください。

知っておきたいよく使われるSEO用語27選 SEO用語集【2021年版・知る得】 WEBマーケで知るべき27選